1. TOP
  2. メリット
  3. ビジネスに戦略性を持つ

ビジネスに戦略性を持つ

月間の更新対象者を即把握できる

営業にとって毎月気になるのは翌月の更新対象者。
Excelファイルを編集して、更新対象者リストを毎週作成する時間も勿体無いと思いませんか?
事務作業は削減して営業時間に充てたいと考えていながら、現状の管理体制に甘んじてしまう担当者も多いようです。

「i-seiQ」は契約終了時期を自動的に識別し、当月の契約更新対象者をリスト化して表示します。
また、同一データベースで情報共有していますので、他の方も「i-seiQ」状況を確認することができます。

更新対象者をリアルタイム確認

売上と利益を分析できる

売上や仕入・外注などの各種情報が、複数のシステムや管理ツール(Excel、Access等)に分散していて、部署によって管理もバラバラなので、売上や利益の状況を即座に把握することが難しい・・・。

また、各部署に確認して、売上や仕入の情報収集に時間がかかるため、収支が把握できるのはいつも月の半ば頃だというご経験ございませんか?

各担当者に売上予定を報告させているが、集計に時間がかかり管理も大変。今四半期、翌四半期など、正確な売上や利益の見通しを立てたいと思いませんか?

「i-seiQ」はデータを一元管理しています。
月間の売上、利益確認や売掛、買掛金推移もリアルタイムで確認できるため、検索や確認の時間をかけずにスムーズな営業計画を建てることが可能です。

経営に必要な情報リアルタイム確認

Cloudを利用し、BCP対策を実施できる

自社で作成したExcelの契約管理表はどこに保存していますか?ファイルサーバーで共有をしていたり、外付けのHDD等、企業文化によって管理方法様々だと思います。

それでは、バックアップはどのように取っていますか?
今保存しているサーバーやHDDが壊れたら「それでおしまい」などということはありませんか?

契約管理表は会社運営を支える最重要なデータですので、最適なバックアップ方法が必要です。
「うちはバックアップ取っているから大丈夫」と思っている企業様でも、今一度バックアップの取り方を見返してみてください。

緊急事態を想定したデータのバックアップを実現するため、i-seiQはWindowsAzureを使用しております。
Azureのデータセンターは世界中の19のリージョン(地域)で展開しており、プライマリリージョンから250マイル以上離れた2つ目のリージョンにバックアップデータが保存されます。

また、Azureは国際的な標準にも準拠していますのでセキュリティ面もご安心いただけます。ISO27001、SSAE16、HIPAA BAA、および E.U. Model Clauses 認定 PCI DSS レベル1適合など、国際的な標準規格にも準拠しています。

世界基準のセキュリティ 遠隔バックアップ

[詳細はこちら] TEL:03-5778-4440 まずは無料でお試し頂けます。お気軽にお申し込みください