1. TOP
  2. メリット
  3. 時間をかけない

時間をかけない

請求書作成に時間をかけない

月末月初の書類作成は同じデータを別々のExcelフォーマットに入力し続ける単純作業。
「もっと作成が楽になったらいいのに」と思いませんか?

また、金額が関連する重要な入力作業なので、ミスを防ぐために何回もチェックが必要ですよね。
時間が何倍も掛かってしまうし、どんなに注意してチェックしているつもりでも、人間が入力する限りミスが発生してしまうものです。

同じ内容を入力する単純作業

「i-seiQ」は入力された契約情報をもとに、ワンクリックで注文書・請書、請求書、送付状などの書類を作成することが可能です。
超過控除の計算を稼働時間から自動計算するため、作成工数を半減させます。

帳票をワンクリック作成

入金消し込み作業に時間をかけない

膨大な時間がかかる入金チェックの苦労は、実業務を担当されている方にしか分かりません。
売上の締め日が来るたびに、大量の作業を正確に行うことが求められる入金確認業務。
契約情報ごとに条件が違う「締日」や「支払サイト」そして、超過控除金額が計算された、請求確定金額の把握等々、地道な計算と確認作業が発生しています。

月間の入出金チェック表を毎月作成してチェックに臨んでいないですか?

経理担当の悩み

i-seiQは入力された契約情報と、確定された請求情報をもとに、「入出金管理表」を集計しています。
そのため、月間のいつのタイミングで、どの会社からどのくらいの金額が入金されるかを一覧で表示することが可能です。
入出金チェックの担当者は、i-seiQと各金融機関のオンラインシステムを見比べて消込作業を実施することが可能です。
確認表の作成工数が全く必要なくなります。

入金リストを一発表示

部署を跨ぐ情報連携に時間をかけない

自社システムや複数のExcelファイルへの分散入力・重複入力のため、入力作業などの間接作業時間が存在していないでしょうか? また、各部門でデータ管理項目がバラバラのため、部門間の連携・情報共有にロスは生じていないでしょうか?

情報共有漏れや対応忘れが発生してしまうと、経理部門から催促を受けるなど、会社全体の業務処理の遅れにつながっている経験はどの企業様でもあるはずです。

職種によって管理方法がバラバラ

会社全体で同一のシステム・マスタ・入力フォーマットを利用するため、各部署で入力方法が標準化され、データを他部門とも共有・連携しやすくなります。 また、分散入力・重複入力が無くなり業務効率化が向上し、担当者にいちいち情報確認しなくても、i-seiQの登録データを確認すれば一発です。

全職種i-seiQに情報登録

[詳細はこちら] TEL:03-5778-4440 まずは無料でお試し頂けます。お気軽にお申し込みください